オリジナルアパレル制作・販売会社ランキング!口コミで人気の業者を厳選しました。

個人でもアパレルブランドを作れる!立ち上げまでの流れをご紹介

公開日:2022/07/15  最終更新日:2022/07/05


アパレルブランドというと敷居の高いイメージもありますが、実は今、個人のアパレルブランド立ち上げはかなりハードルが下がっています。ここではアパレルブランドを作りたいと思っている人にぜひ参考にしていただきたい、立ち上げにあたって必要なもの、立ち上げまでの流れ、立ち上げを成功させるコツを紹介します。

アパレルブランドの立ち上げに資格や経験は必要ない

個人がアパレルブランドを立ち上げるために資格は必要ありません。またアパレルブランドでの勤務経験も不要です。自分の商品アイデアとブランドを立ち上げたいという意欲があればだれでもアパレルブランドを立ち上げることができます。近年は個人がオリジナル商品を作ることのできるサービスや、その商品を販売できるネットショップも充実しています。興味のある人はぜひトライしてみてください。

ブランドを立ち上げるまでの流れ

次に、個人がオリジナルのアパレルブランドを立ち上げるまでの具体的な流れを紹介します。まずはブランドネームを決めます。ブランドネームを決める際に注意してほしいのは、既に商標登録がされている名前ではないかという点と、ブランドのコンセプトが伝わりやすい名前かどうかという点です。既に商標登録されているブランド名を使ってしまうと、たとえ知らなかったとしても権利を侵害されたと訴えられる可能性が出てきます。

近年、商標まわりの権利意識が高まっており、商標権はデリケートに扱われるようになってきています。「個人商店だし大丈夫だろう」という安易な考えはやめましょう。コンセプトが伝わりやすいブランドネームにしておくことは、その後ブランドを広めていくプロモーションでも非常に重要になります。ブランドネームと同様に、ロゴマークもその後の販促活動を念頭にコンセプトが伝わりやすく、ブランドネームと親和性のあるものを考えましょう。

ブランドネームやロゴは、クラウドソーシングを利用して作ってもらうこともできます。ブランドネームとロゴが固まったら、それを印字したタグを用意します。そのタグをオリジナル商品に付けて販売することになるようです。タグの作成は専門の製造業者に依頼するといいでしょう。オリジナルブランドの立ち上げは、会社の立ち上げた店舗開店とは少し違いますが、ビジネスをはじめるわけなので立ち上げ時に名刺も用意しておくといいでしょう。ここまでの下準備が完了したら、いよいよ商品の作成です。今はイラストデータだけでTシャツやグッズを作ることのできるサービスもあるので、そうしたサービスも上手に活用しましょう。

次に、商品を売る出店先を決めます。ブランドを販売するために、最初から実店舗を構えるのはハードルが高いです。毎月の家賃や光熱費など固定費がかかるため、初月から売上を出さないとすぐに赤字が膨らんでしまいます。自宅を店舗として活用できるといった場合は問題ありませんが、最初はネット通販を利用しましょう。実店舗を訪れることができるのは近隣に住んでいる人だけですが、ネット通販であれば世界中の人に自分のブランド商品を購入してもらうことができます。ネット通販にも、大手ECサイトやネットショップなど種類があります。

Amazonや楽天といった大手ECサイトは既存ユーザーが多いため集客はしやすいですが、ネットショップと比べて制限が多く、手数料もネットショップと比べて割高です。ネットショップとECサイトを併用してもいいですが、一番おすすめなのは自由な販売活動ができるネットショップです。ネットショップで出店する場合は、ECサイトよりも集客に力をいれる必要があります。ブランド名でSNSアカウントを立ち上げるなど、知名度を上げるプロモーションを行いましょう。

アパレルブランド立ち上げを成功させるコツ

ブランドを成功させるためにやってほしいこととしてまず挙げあげられるのは、受注生産性にすることです。せっかくたくさん生産しても、予想よりも売れ行きが悪いと大量の在庫と赤字を抱えることになってしまいます。受注生産なら、注文を受けてから生産するため在庫を抱える心配がありません。在庫を持つのは、ある程度販売実績を積んで、どの商品がどれくらいの期間でどの程度売れるのかを把握してからにするといいでしょう。

オリジナルブランドを立ち上げることが決まると、テンションが上がって最初から大きな計画を立てがちですが、最初はテストマーケティングのつもりで店舗も構えず、受注生産でミニマムにスタートするのが定石です。ブランドを成功させるには、買ってくれる顧客が必要なので、最初は集客活動に力をいれましょう。フォロワー数の多いブランドアカウントの投稿を参考に、SNSを使ったプロモーションを行うといいでしょう。ブランドのコンセプトや強みを明確にしておくと、他とブランドと差別化できるため成功しやすくなります。

 

オリジナルのアパレルブランド立ち上げは、商品アイデアさえあれば誰にでもできます。ネットショッピングが主流になり、ロゴ作成やタグ作成も簡単に外注できるネットサービスが豊富で、家にいながらでもアパレルブランドを立ち上げることが可能な時代となっています。こちらで紹介した内容も参考に、ぜひオリジナルアパレルブランドを成功に導いてください。

おすすめ関連記事

SEARCH

新着記事

赤ちゃんが使うよだれかけのことをスタイといいます。赤ちゃんは食事の際に食べこぼししてしまうことが多いので、スタイは欠かせません。何枚あっても足りないと感じることもあるでしょう。そこでおすすめ
続きを読む
デザインに興味がある方なら、一度は「自分が考えたデザインの洋服やグッズを商品化したい」と考えたことがあるのではないでしょうか。この記事では、オリジナルのアパレルグッズを販売する際に行うべき手
続きを読む
アパレルブランドというと敷居の高いイメージもありますが、実は今、個人のアパレルブランド立ち上げはかなりハードルが下がっています。ここではアパレルブランドを作りたいと思っている人にぜひ参考にし
続きを読む