オリジナルアパレル制作・販売会社ランキング!口コミで人気の業者を厳選しました。

冬の地味なストレス!洋服の不快な静電気を防ぐには素材を選ぼう!

公開日:2023/01/15  最終更新日:2023/01/05


秋や冬になると発生しやすい静電気に悩んでいる人は、今回の記事を参考にしてください。電気を溜め込みやすい人は乾燥と摩擦に気を付けるだけで静電気が発生する確率を下げられます。地味なストレスに悩まされている人は対策を講じましょう。自分に合った方法で取り組んでください。

静電気が起きる原因は?

乾燥と摩擦を抑制することで、これまでどおりの快適な生活を送れるようになります。賢く対策を講じましょう。

秋と冬は静電気が発生しやすいシーズン

夏場より重ね着を楽しめる季節が秋と冬のシーズンです。足元をブーツでおしゃれにすることや、頭にニット帽を被って出かけることもあるでしょう。そのたびに悩まされる静電気ですが、素材をきちんと選択すれば対策になるので理解しましょう。

静電気が起きる原因

乾燥と摩擦の2つが静電気を発生させる原因となっています。秋や冬のシーズンでは、放電の量が減るので、ドアノブやセーターなどに触れた瞬間に静電気が発生するようになっています。ただし、きちんと対策を講じれば静電気の発生を抑えられるので試しましょう。

どんな生地を選べばいいの?静電気が起きにくい素材とは

素材をきちんと選択すれば、静電気が発生する確率を下げられます。分からないときは店舗のスタッフに相談しましょう。

天然繊維

吸湿性と吸水性に優れているのが天然繊維です。水分を保有しているので電気が逃げやすくなっています。

おすすめのコットン生地

プレミアスムースは柔らかさ、適度な張りとコシ、光沢感が特徴的です。トップスやインナーに使用されているので、男女問わず使用者が多くなっています。

おすすめのウール生地

トロピカルはレディースのアウターに使用されています。特徴は繊細さ、滑らかさ、光沢感です。

おすすめのシルク生地

シルクサテンは100%シルクを配合しています。衣類だけではなく、衣装やインテリアにも使用されています。ゴージャス感と柔らかな手触りが特徴的です。

帯電列が近い素材

合成繊維でも問題ありません。プラス負荷の繊維とマイナス負荷の繊維のどちらかに統一すれば、合成繊維でも静電気の発生を防止できるからです。

たとえば、プラス負荷の繊維はコットン、ウール、シルクなどです。マイナス負荷の繊維はポリエステル、ポリウレタン、アクリルなどです。プラス負荷の繊維であるコットンとウールの合成繊維であれば静電気の発生を防止できますが、プラス負荷の繊維であるコットンと、マイナス負荷の繊維であるポリウレタンの合成繊維であれば静電気が発生しやすくなります。

静電気防止加工の素材

素材を確認しながら洋服を購入するのは労力がかかります。素材を確認するだけで時間がかかってしまうので、忙しい人には向いていないでしょう。最近では、静電気防止加工を施している素材で作られた衣類が販売されています。店舗でそのように宣伝していることもあれば、店員に確認すると案内されることがあるので、そのような商品を選択しましょう。

また、現在所有している衣類に静電気防止加工を施せるクリーニング店もあります。対応しているクリーニング店では、秋と冬に積極的に宣伝しているので確認しましょう。ただし、何度もクリーニングや洗濯をしていると効果が低下するので注意してください。

【番外編】静電気を発生させないための対策

さまざまな方法があります。自分に合ったものを選択しましょう。自宅では乾燥対策ができるでしょう。外出先ではブレスレットやキーホルダーを身に付けて対策できそうです。

部屋の湿度を高くする

湿度が20%以下の環境で静電気が発生しやすいといわれています。そのため、加湿器などで室内の湿度を高くするとよいでしょう。喉や肌の乾燥対策としても有効です。

静電気除去グッズを使用する

ドラッグストアやコンビニなどでも販売されている静電気除去グッズは、ブレスレットやキーホルダーとして販売されています。手軽に装着できるので、対人営業の人におすすめです。顧客に触れたときに静電気が発生すると迷惑をかけてしまいます。早急に対策を講じましょう。

柔軟剤を使用して洗濯する

衣類の繊維の滑りがよくなるので、柔軟剤を使用するのはおすすめです。摩擦が起きにくくなるので、気になる人は使用しましょう。

肌の保湿を徹底する

静電気を溜め込みやすい人の特徴として挙げられるのが、肌が乾燥している人です。電気を溜め込みやすい人は、ドアノブに触れたときやセーターに触れたときに静電気が発生してしまいます。相手に触れたときに静電気が発生すると不快な気持ちにさせてしまうことがあるので、できる限り肌の保湿を心がけましょう。

まとめ

衣類を購入するときに素材に注目するだけで対策になるので早速試してください。また、個人でできることとして、部屋の湿度を高くすることや肌の保湿を徹底することなどが挙げられます。どちらも簡単に取り組めるので実行してください。加湿器が自宅にない場合は、水で濡らしたタオルをぶら下げておくだけでも加湿効果があります。上手に自宅にあるものを活用しましょう。髪が乱れることや相手に不快な思いを与えてしまう静電気をできる限り発生させないようにしましょう。

おすすめ関連記事

サイト内検索

新着記事

秋や冬になると発生しやすい静電気に悩んでいる人は、今回の記事を参考にしてください。電気を溜め込みやすい人は乾燥と摩擦に気を付けるだけで静電気が発生する確率を下げられます。地味なストレスに悩ま
続きを読む
これから団体や企業でユニフォームや作業着を作りたいと考えている人に、今回の記事はおすすめです。目的や用途に応じて最適なものを選択しましょう。この際、生地選びのポイントを踏まえることが大切です
続きを読む
ユニフォームやイベントで着用するためのオリジナルポロシャツを作りたいという場合、どのようなポロシャツにするのかデザインを考えるだけでなく、種類、素材、形、ポケットなどの有無など細かなことを決
続きを読む