オリジナルアパレル制作・販売会社ランキング!口コミで人気の業者を厳選しました。

そもそもアパレルとは?ファッションとの違い、アパレル業界の基本を解説

公開日:2024/05/15  最終更新日:2024/01/22

?

アパレルとファッション、二つの言葉は密接に結びついていますが、実は異なる概念だということをご存じですか?この違いを理解しアパレル業界の基本を知ることで、ファッション業界への造詣がより深まるでしょう。アパレルとは何か、ファッションとの違いは何かについて、詳しく解説していきます。

アパレルの定義とは

アパレルとは、主に衣服や既製服を指す言葉で、その語源はラテン語のapparare(アパラーレ)に由来します。

元来は「準備する」という意味合いをもち、儀式や正装のために用意される衣服を指していました。英語のapparelに変化したこの言葉は、衣服や服飾に関連する業界や商品に広く使用されています。

日本におけるアパレル

日本では、「アパレル」という言葉はとくに衣類の製造や販売に従事する企業や業界を指し、一般的に「アパレル企業」と呼ばれます。

アパレル産業は、繊維業から素材を仕入れ、アパレルメーカーがそれを用いて既製服を製造し、卸売業が製品を供給し、小売業が最終的に消費者に提供するといった流れがあります。

アパレルビジネスは多様化している

近年では、アパレルビジネスは多様化しており、メーカーだけでなく小売業者や商社、製造事業者も既製服のビジネスに進出しています。

この多様化により、アパレルの意味合いも広がり、産業全体を指す場合には原料の調達から製造、販売までを包括することがあるのです。アパレルはその洗練されたデザインや機能性が重視され、ビジネスシーンからカジュアルな日常まで広く愛用されています。

アパレルとファッションの違い

アパレルとファッションは、服やスタイルに関連する言葉としてよく使われますが、その意味合いや使い方には微妙な違いがあります。

ファッションとは

ファッションは幅広い意味を含む言葉で、衣服だけでなくアクセサリーや靴、髪型など総合的な身なりを指すことがあります。

また、英語のfashionは流儀、流行といった意味も含んでおり、個々のライフスタイル、時代の価値観にまでおよぶ広範な概念です。全体の雰囲気や好みのテイスト、トレンドを表現することもファッションであり、衣服だけを指すアパレルとは違って創造的な言葉であるといえます。

アパレルとファッションの違い

アパレルとファッションの違いは語源にも影響しています。

アパレルの語源はラテン語のapparare(アパラーレ)であると解説しましたが、フランス語で衣服を着せるという意味を持つappreillerにもつながっています。一方、ファッションの語源はラテン語のfactio(ファクティオ)で、作ること、○○をなすことといった意味合いがあります。

アパレルは主に商業的な視点から衣服をとらえた言葉であり、衣服の製造や販売に携わる企業や組織を包括する概念をアパレル業界、または単にアパレルと呼びます。対して、ファッションはよりクリエイティブで広範な表現を含む傾向があります。

衣服を含むファッションアイテム全般やコーディネート、ライフスタイルを指す包括的な概念なのです。それぞれが異なるニュアンスを持っているため、業界やトレンドを議論する際に正確な用語の使用が求められます。

オリジナルアパレル制作に向いている人

オリジナルアパレル制作に向いているのは、ファッションに対する深い情熱と知識を備え、独自性や向上心をもつ人々です。

自らの手で、ファッションの未来を創造していけるでしょう。

アイデアを形にできる人

まず、クリエイティブで自分独自のアイデアを形にできる人です。

ファッションへの深い興味が重要であり、トレンドやスタイルの変化に敏感で、ファッションにおいて独自性を大切にする人がアパレル制作に適しています。

情熱をもっている人

デザインに対する情熱をもっていることも不可欠です。

オリジナルアパレルは、デザインが魅力の源泉です。美的センスやトレンドを捉え、独自のアートに昇華できる能力が求められます。デザインにおいては柔軟性も必要で、さまざまなスタイルや顧客の好みに対応できることが重要です。

コミュニケーション能力が高い人

コミュニケーション能力も欠かせません。

お客さんや協力業者と円滑にコミュニケーションをとり、要望をくみ取りながらプロジェクトを進めることが必要です。また、市場の動向や顧客のニーズを理解し、それらを反映させた商品を提供できる洞察力も重要です。

挑戦と努力を惜しまない人

挑戦と努力を惜しまない姿勢が成功につながります。

アパレル制作はクリエイティブなプロセスにおいて挑戦が絶えません。失敗から学び、臨機応変にアプローチできる柔軟性と向上心がある人が、オリジナルアパレル制作の世界で輝けるでしょう。

まとめ

アパレルとは衣料品全般を指し、ファッションとはその衣服を通じたスタイルやトレンドを指します。アパレル業界では、アパレルメーカーや小売業、OEM、ODMなど多岐にわたる職種が存在するのです。オリジナルアパレル制作に向いているのは、独自のファッションセンスやデザインスキルをもち、柔軟性とコミュニケーション力があり、挑戦と向上心を惜しまない人といえます。アパレル制作はクリエイティブなプロセスであり、ファッションに対する深い興味と市場の理解が求められるでしょう。

 

おすすめ関連記事

サイト内検索

新着記事

アパレルとファッション、二つの言葉は密接に結びついていますが、実は異なる概念だということをご存じですか?この違いを理解しアパレル業界の基本を知ることで、ファッション業界への造詣がより深まるで
続きを読む
アパレルデザインは、形、色、素材などの要素の基本を理解することがアイテムの魅力を引き出すポイントです。この記事では、アパレルデザインの基本を踏まえた上で、さらに次のレベルに引き上げるコツを紹
続きを読む
アパレルのオリジナルブランドの立ち上げを考える人のなかには、その商品をネットショップで販売するというケースもあるかと思います。しかし経験がないと、なにをしたらいいのかわからない場合がほとんど
続きを読む