オリジナルアパレル制作・販売会社ランキング!口コミで人気の業者を厳選しました。

ユニフォームや作業着を作るには?最適な生地と選び方について

公開日:2022/12/15  最終更新日:2023/01/05


これから団体や企業でユニフォームや作業着を作りたいと考えている人に、今回の記事はおすすめです。目的や用途に応じて最適なものを選択しましょう。この際、生地選びのポイントを踏まえることが大切です。そして、よく使用されている生地の種類も押さえておきましょう。今後の参考にしてください。

作業着やユニフォーム用の生地選びのポイント

3つのポイントを紹介します。難易度が高くない業務のひとつですが、構成員を満足させられると勤務意欲の向上につながります。デザインを作るのが得意な人や素材に詳しい人がいれば相談しましょう。

用途に合うものにする

どのような目的で作業着やユニフォームを購入するのか明らかにしましょう。目的が曖昧だとコンセプトが分からなくなります。また、デザインや素材は社員の意見もヒアリングしながら進めていくとよいでしょう。ボトムアップで参画意識を持たせるようにすると、団体や企業の帰属意識が高まります。

予算に合うものにする

ユニフォームや作業着にかけられる予算をあらかじめ決めておきましょう。予算の上限が決まっていれば、素材やデザインに妥協しなければいけないこともあります。反対に予算の上限が設定されていないときは、素材やデザインを妥協せずに購入できます。

団体や企業のイメージに合うものにする

どのようなユニフォームや作業着を着用するかにより、団体や企業のイメージが大きく変化します。元気な印象を与えたいときは赤やオレンジを用いるとよいでしょう。統一感や団結力をアピールしたいときは黒や白などがおすすめです。

また、色だけではなく素材選びも重要です。たとえば、火を扱う仕事に従事している人の作業着は、耐火性に優れている素材でなければいけません。高級感を演出したいときは、体の輪郭が分からないような作業着よりも、体の輪郭が目立つスタイリッシュな作業着を選択しましょう。そして、可能であれば団体や企業のロゴをデザインすることで内外にPRできます。ロゴは構成員の結束力を強める効果もあるので導入してください。

どんな生地がおすすめ?よく使われる生地の種類とは

さまざまな生地があります。よく使われている生地を参考にしましょう。

ツイル

季節に合わせて使用する糸を変化させられます。耐久性に優れていて丈夫な生地です。

ギャバジン

こちらは防水加工が施されています。また、光沢感があるので高級感を演出できます。そのため、作業着だけではなく制服やスーツにも使用されています。

ブロード

生地は薄手ですが丈夫な素材です。しなやかさと光沢感もあるので高級感を演出できます。作業着だけではなく営業のときにも着用できるでしょう。

ポプリン

洗濯しても傷みにくいのが特徴です。耐久性に優れているので長期間の使用に適しています。体の輪郭を出せるようになっているので、スタイリッシュな作業着を求めている人におすすめです。

ベネシャン

スタイリッシュな作業着として着用されています。夏場に適していないのがデメリットですが、耐久性が高いのが特徴です。

トロピカル

こちらは夏場に着用するユニフォームに多く用いられています。現場が高温になる溶接の仕事場でも着用されています。

サージ

秋や冬に発生しやすい静電気を防止できます。ポリエステル100%ですが、ウールの感触が柔らかいので心地よいストレッチ感があります。

最適な生地を選ぶことで作業がより快適に!

自社の仕事内容に合わせた素材を選択します。こちらは安全管理上大切なことなので、監督者はきちんと管理します。

ポリエステルのメリット

縮みやシワになりにくいので、いつまでも整った形をキープできます。長時間着用しても劣化しにくいので長持ちしやすい衣類です。

ポリエステルのデメリット

吸湿性が低くて耐火性も低いのが特徴です。そのため、工場などで火を扱う仕事に従事している人に向いていません。

綿素材のメリット

肌触りがよくて耐熱性に優れています。そのため、工場などで火を扱う仕事に従事している人におすすめです。

綿素材のデメリット

シワになりやすいことに加えて乾燥に時間がかかることがデメリットです。シワになりにくいように洗濯物を干しましょう。

ポリエステル65%と綿35%の混紡素材

こちらは王道の素材として取り扱われています。ポリエステルと綿のメリットを取り入れています。もっとも用いられています。

ポリエステル90%と綿10%の混紡素材

こちらは表面の素材がポリエステル100%です。そのため肌触りが滑らかで見た目にツヤがあります。裏面はポリエステル65%と綿35%です。綿の着心地のよさを味わえます。

ポリエステル85%と綿15%の混紡素材

こちらは耐久性が向上しているだけではなく、綿の肌触りも活かしています。

まとめ

自社のイメージを形にするための手段として、作業着やユニフォームは重要です。人数が増えてきたタイミングで購入しましょう。最初から多額の予算を投入するのではなく、着心地やデザインなどを構成員にヒアリングして徐々に改善しましょう。構成員が自信を持って着用できる作業着やユニフォームを購入すると仕事の生産性も高まります。デザインや素材について詳しい人に相談してください。

おすすめ関連記事

サイト内検索

新着記事

秋や冬になると発生しやすい静電気に悩んでいる人は、今回の記事を参考にしてください。電気を溜め込みやすい人は乾燥と摩擦に気を付けるだけで静電気が発生する確率を下げられます。地味なストレスに悩ま
続きを読む
これから団体や企業でユニフォームや作業着を作りたいと考えている人に、今回の記事はおすすめです。目的や用途に応じて最適なものを選択しましょう。この際、生地選びのポイントを踏まえることが大切です
続きを読む
ユニフォームやイベントで着用するためのオリジナルポロシャツを作りたいという場合、どのようなポロシャツにするのかデザインを考えるだけでなく、種類、素材、形、ポケットなどの有無など細かなことを決
続きを読む