オリジナルアパレル制作・販売会社ランキング!口コミで人気の業者を厳選しました。

ブランド名の決め方とは?効果的なネーミング方法やコツを紹介

公開日:2024/02/15  最終更新日:2024/01/22

?

ブランド名の選定はビジネスにおいて非常に重要な要素です。しかし、決め方がわからずなんとなく語感で決めようとしている人もいるのではないでしょうか。ブランド名はあまり深く考えずに決めてしまうと、後々の事業に影響する可能性もあります。本記事では、ブランド名の重要性を始め、決め方に関するポイントを紹介します。

ブランド名はなぜ重要?

ブランド名は、ユーザーにブランドイメージを連想させる目的があり、認知度と売上の向上に直結します。

独自で覚えやすい名前は、広告やマーケティングキャンペーンにおいて、消費者の脳裏に長く残りやすい特性を持っています。この記憶の定着は、商品やサービスを選ぶ際にブランド名が引き起こすポジティブな印象や信頼感として現れ、結果的に認知度向上に繋がります。

さらに、ブランド名は商品やサービスのイメージアップと売上アップにも関係します。良いブランド名は、消費者に対して特定の価値や利点を連想させ、購買意欲の喚起が期待されます。

ブランド名が商品の特徴や付加価値を効果的に伝えることで、競争が激しい市場においても差別化を図りやすくなります。消費者がブランドを記憶し、それにポジティブなイメージを抱くと、同じカテゴリーの他の選択肢よりも優先的に選ばれる可能性が高まります。

成功するネーミングを生み出す3つの法則

有名ブランドはマーケティングの成功例とも言えますが、それらの名前の多くには3つの法則が見られます。

成功するブランド名には、どのような共通点があるのか見てみましょう。

文字数が5〜10文字

短くて覚えやすいブランド名は、消費者にとって印象的であり、口コミやメール、SNSなどで簡単に伝えられます。

ブランドが日常的なコミュニケーションのなかで頻繁に使用され、認知度が向上します。

同じ文字が2回以上入る

同じ文字の繰り返しは、ブランドに親しみや愛着をもたらします。

この法則は言語学的な観点からも理解されており、同じ音が繰り返されることで名前が脳に強く印象づけられると考えられています。

子音(硬音)の文字を最低でも1つ含んでいる

子音(硬音)は、英語で発音した際に音が硬く、強いアクセントがあると感じられる文字を指します。

これには、Z・B・T・G・Y・Hなどが該当します。このような文字がネーミングに含まれることで、言葉が力強く響き、単語全体に力強い印象を与えられます。硬い音は記憶にも残りやすく、ブランドの独自性を際立たせます。

ブランド名を決めるときのコツ

ブランド名の決定には、複数の戦略を組み合わせることが重要です。

ブランド名を決める際の具体的なコツとして、以下の4つを紹介します。

複数の言葉を連結させる

ブランドの特徴を具体的かつ的確に表すために、異なるキーワードを組み合わせる手法が有効です。

複数の概念や価値観を一つの名前に凝縮させ、ブランドの多面性を表現できます。たとえばNetflix(ネットフリックス)は、internet(インターネット)とflicks(映画)を組み合わせた造語で、動画ストリーミングの本質を表しています。

単語を部分的に変える

キーワードの一部を省略したり、頭文字を組み合わせたりすることで、覚えやすくユニークなブランド名を生み出せます。

独自性を保ちつつも、理解しやすい名前を作成できます。たとえばMicrosoft(マイクロソフト)は、microcomputer(マイクロコンピュータ)とsoftware(ソフトウェア)を組み合わせた造語で、個々の要素を端的に表現しています。

英語表記や漢字表記にする

日本語から英語や中国語など他言語にブランド名を変換することで、グローバル市場での理解度を向上させられます。

ただし、言語の特性や文化の違いに注意しつつ、わかりやすく響きの良い名前を選ぶことが重要です。たとえばToyota(トヨタ)は、日本の企業名である豊田自動織機を英語表記に変換したもので、国際的なブランドとして成功を収めています。

ダジャレやオノマトペを使う

言葉のおもしろさやインパクトを活かし、記憶に残る名前を作り出すのも手法の一つです。

消費者はブランドをより直感的に捉え、商品やサービスを利用した際の感覚を簡単にイメージできます。たとえば、氷菓ガリガリ君は食べたときにガリガリと音がするような食感とイメージしやすく、オノマトペを使っている代表的な商品名とされています。

まとめ

ブランド名はユーザーに強いブランドイメージを伝え、認知度と売上向上に直結します。覚えやすい独自の名前は消費者の脳裏に長く残り、商品の選択においてブランドの信頼性や魅力が大きな役割を果たします。成功するネーミングには文字数、同じ文字の繰り返し、そして子音(硬音)の使用が共通して見られます。これらは親しみやすく、ブランドを強く印象づける効果があります。ブランド名のコツとして、複数の言葉を組み合わせたり、単語を部分的に変えたりする手法があります。また、国際的な展望を持つために英語表記や他言語への変換も有益です。ダジャレやオノマトペを取り入れると、特有の魅力やインパクトを与えられます。これらの手法を組み合わせることで、ブランド名の決定において効果的な戦略を構築できます。

 

 

おすすめ関連記事

サイト内検索

新着記事

アパレルのオリジナルブランドの立ち上げを考える人のなかには、その商品をネットショップで販売するというケースもあるかと思います。しかし経験がないと、なにをしたらいいのかわからない場合がほとんど
続きを読む
ブランド名の選定はビジネスにおいて非常に重要な要素です。しかし、決め方がわからずなんとなく語感で決めようとしている人もいるのではないでしょうか。ブランド名はあまり深く考えずに決めてしまうと、
続きを読む
  オリジナルTシャツは自分らしさを表現する手段として人気です。この記事では、オリジナルTシャツの魅力や、制作会社を活用するメリット、注意すべきポイントに焦点を当てます。さらに、最
続きを読む
オリジナルアパレル制作・販売コラム